飲食業界F社のケース

1. 業務委託のイメージ

 複数の店舗を経営しながらも本社機能は最小にしたいとの考えのもと、電話対応、経理、総務、人事等の本社機能の一部を当社へ移管。本来、社長自身は経理等の数字には明るく経理自体を業務委託する必要はなかったものの、日銭を扱う各店舗への牽制・内部統制の意味も含め、他の業務と一緒にアウトソーシングを決断。当社では、日々の電話対応から給与計算、労務管理までを丸ごと運用。また、経理業務については、日計表の作成から月次決算までの体制を組み、常に経営者のフォローができる状態を構築しました

2. 業務委託内容および費用

業務内容費用
毎月業務
  • 経理業務(月次決算)
  • 給与計算業務(約100名)
  • 電話対応
  • 労務管理
約200,000円
スポット業務
  • システム開発
  • 就業規則、賃金規程の作成等
約450,000円

2006年01月09日 17:53